お葬式・お悔やみの常識事典。これは知っておきたい!

不幸事は突然やってくるので普段から基礎知識を身につけておきましょう。このサイトでは「こんな時はどうする?」といった知識を紹介しています。

焼香の正しい手順

      2015/05/18

いまだに焼香の正しい方法がわからないという方もいるかもしれません。焼香は宗派によってもやりかたが違うので正解はありませんが、一般的な方法を紹介します。
1.焼香台の2,3歩前まで進み出る。僧侶、遺族の順番に一礼し、故人の遺影をみて本尊仏に一礼する。
2.両手に数珠をかけて合掌、礼拝。
3.左手に数珠をもち、右手でお香をつまむ。
4.額までおしいただき、静かに香炉の中に落とす。普通は3回だが参列者が多い時は1回が良い。
5.数珠を両手にかけ、合掌、礼拝。
6.僧侶、遺族に一礼し、席に戻る。
いかがでしたか?お香を額まで上げる回数は1回だったり2回だったりもします。参列者が多い場合は時間のロスになりなかなかうしろの人にまわっていかなくなってしまうので、1回で済ませたほうが良いです。

 - 未分類

  関連記事

no image
通夜の席で故人に対面したいと言ってよいのか

告別式にどうしても出席できないので通夜で故人の顔を最後にお別れしたいとお願いする …

no image
キリスト教の葬儀について

日本では少ないですが、キリスト教の葬儀は日本の宗派とは少し違います。 キリスト教 …

no image
通夜ぶるまいと精進おとし

通夜ぶるまいは、親しい弔問客をもてなします。喪家での汚れを清めて悲しみを和らげる …

no image
あまり親しくない人の訃報を受けた時はどうするべき?

年賀状のやりとりぐらいしかないぐらいの人の訃報を受けた時に、通夜か告別式どちらに …

no image
服装について

通夜の場合は喪服は本来は着るものではありません。喪服を着るのは遺族だけです。「喪 …