お葬式・お悔やみの常識事典。これは知っておきたい!

不幸事は突然やってくるので普段から基礎知識を身につけておきましょう。このサイトでは「こんな時はどうする?」といった知識を紹介しています。

キリスト教の葬儀について

      2015/06/02

日本では少ないですが、キリスト教の葬儀は日本の宗派とは少し違います。

キリスト教の場合は臨終の儀式を重要視しているので、できるだけ当人に意識があるうちに神父をまねきます。臨終を迎えたら、神父が臨終の祈りをささげます。

まずは献花。日本では故人に向かって捧げますが、キリスト教では神に向かって捧げるものなのでお花の向きが逆になります。花がついているほうを自分、根本が祭壇のほうへ向きます。欧米のキリスト教とは少し違うものになっていて、日本の習慣に合わせたものになっています。

キリスト教でもカトリックとプロテスタントがあるのでそこでも違いがあります。さらにカトリックは、ローマカトリック教会とギリシア正教会があります。カトリックは教養や儀式、プロテスタントは聖書と個人の信仰のあり方に重きをおきます。

キリスト教の葬儀では賛美歌を歌いますが、信者が神をたたえるために歌うものなので信者以外の人は歌う必要は本来ありません。ただ、渡された歌詞を読むぐらいはしたほうがよいでしょう。

カトリックでは聖体拝領という儀式が行われます。これは葬儀の中心となるミサで、パンとぶどう酒を神父さんからあたえられます。信者だけが受け取るものなので、信者でない人は見ているだけで良いです。

 - 未分類

  関連記事

no image
服装について

通夜の場合は喪服は本来は着るものではありません。喪服を着るのは遺族だけです。「喪 …

no image
焼香の正しい手順

いまだに焼香の正しい方法がわからないという方もいるかもしれません。焼香は宗派によ …

no image
あまり親しくない人の訃報を受けた時はどうするべき?

年賀状のやりとりぐらいしかないぐらいの人の訃報を受けた時に、通夜か告別式どちらに …

no image
通夜ぶるまいと精進おとし

通夜ぶるまいは、親しい弔問客をもてなします。喪家での汚れを清めて悲しみを和らげる …

no image
通夜の席で故人に対面したいと言ってよいのか

告別式にどうしても出席できないので通夜で故人の顔を最後にお別れしたいとお願いする …