お葬式・お悔やみの常識事典。これは知っておきたい!

不幸事は突然やってくるので普段から基礎知識を身につけておきましょう。このサイトでは「こんな時はどうする?」といった知識を紹介しています。

あまり親しくない人の訃報を受けた時はどうするべき?

   

年賀状のやりとりぐらいしかないぐらいの人の訃報を受けた時に、通夜か告別式どちらに行ったほうがよいでしょうか。

この場合は告別式に行くのが正しいでしょう。通夜は遺族と親しい人たちがお別れする場です。また訃報を受けた時に通夜の始まる時間も連絡があった場合は出席します。告別式に都合上行けない場合は通夜のほうに行きます。ただ告別式に行けない旨をきちんと伝えておきましょう。

訃報を知ってから喪服を買いに行っていては慌ただしくなってしまいます。喪服を持っていない人はあわてないようにあらかじめもっておくと良いでしょう。今はネットで即日発送してくれる喪服ショップもあるのでネットを活用するのも良いですね。

香典は通夜、葬儀、告別式全てにおいて持参する必要はありません。駆けつける時に持参するのはやめたほうが無難です。

受付で渡すときは相手のほうに名前を向けて渡します。ただ渡すのではなく一言添えるのがマナー。「このたびはご愁傷様です」は聞き慣れているかもしれませんが「ご霊前にお供えください」などもOKです。受付があれば「会葬者名簿」に住所・氏名を記載します。香典を通夜で渡した場合も記入します。

どうしても受付に間に合わなかった場合は焼香の時か、祭壇に供えます。この時は自分のほうに名前を向けて置きます。なかなか香典を渡すポイントは知らない人が多いかもしれません。遺族に直接手渡しするほうが良いと思いがちですが受付がなければ祭壇に供えるのが常識です。私は知らない時、遺族のところまで行って手渡ししていました。これはマナー違反だったんですね。

 - 未分類

  関連記事

no image
キリスト教の葬儀について

日本では少ないですが、キリスト教の葬儀は日本の宗派とは少し違います。 キリスト教 …

no image
焼香の正しい手順

いまだに焼香の正しい方法がわからないという方もいるかもしれません。焼香は宗派によ …

no image
服装について

通夜の場合は喪服は本来は着るものではありません。喪服を着るのは遺族だけです。「喪 …

no image
通夜の席で故人に対面したいと言ってよいのか

告別式にどうしても出席できないので通夜で故人の顔を最後にお別れしたいとお願いする …

no image
通夜ぶるまいと精進おとし

通夜ぶるまいは、親しい弔問客をもてなします。喪家での汚れを清めて悲しみを和らげる …